俺達の田舎暮らし

俺達の田舎暮らし

広島県北部の田舎暮らしブログです。仲間と自然の食材を集めて旨い酒を飲んで暮らしています。
もっとうはスタイリッシュでスマートに生きること!

コメントはどなたでも歓迎します!質問があればお気軽にどうぞ!

メンバーはryo・hiro・yataboy・yuu・melanin・ega・タムケン・テル


2012年3月9日金曜日

源正金の銘刀

一日一回クリックが有効なので応援クリック
お願いします!


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ





今回は時々やっちゃうコアすぎるお話・・・

まぁブログなんて自己満足だからそんなもんかwww


もうすぐ大好きなアウトドアの季節が始まる!

色々妄想してる毎日なんだけど

今年はキャンプとかもしたいし

獲った魚を外でさばいて食べたりしたいから

いい包丁をさがしてました!


前に包丁の手入れをした時にアップしたけど


この辺の包丁を持って海に行ったら錆びちゃうし

さすがに一本3万円の刺身包丁は海には持っていけない・・・


かといってホームセンターとかの安いのじゃあ切れないし・・・



よく切れて少々痛んでもいい 安い包丁が理想 !


これかなり無茶だよねwww







って思ったんだけど

中古ならこの理想が叶いそうだから

オークションで中古を探すことに






そしたらあったんだよね!




この錆び錆びのボロイ包丁!

誰も入札してなくて1000円でした。

柄のところに「6」とか書いてあるしwww


写真だと分かりにくいけど長さは刃渡りが24cmとかなり長め


刺身用の柳刃包丁って書いてあったけど

これは牛刀ってすぐ分かった!


なぜならMASAKANEって書いてあるけど

このMASAKANEは源正金の包丁で

西洋文化が入り始めた頃、日本で始めて牛刀を打ったのが

源正金だからです!


MASAKANEの包丁は帝国ホテルの総料理長の

愛用品であったことも知られているんだよね



この辺から読者のみなさん誰も読んでなさそうですが・・・

どんどんいきますwww



MASAKANEはすでに製造してないからかなり希少

一般的にはもう手に入らないかも!

そして切れ味は抜群!

我が家にも一本MASAKANEのぺティーナイフがあるから
その切れ味はよく知ってる!



錆びててもいい鋼だからうまく砥げば復活させられる!

とにかく1000円なら超お買い得なので落札しました



昨日、仕事から帰ると包丁が届いてて

開けるとあたりまえだけど錆び錆びのボロ包丁が出てきた


母ちゃんに、何その古い包丁!


と当然のごとく不思議がられてましたがwww

気にせずに包丁砥ぎ開始!


なかなか鋼が硬いし前に使ってた人の砥方が悪いし

色々苦労しながら1時間




↓




完全復活!!!


そして切れる切れる!!!!



普段は家の肉切りの包丁として使って

この長さと切れ味なら刺身用の柳刃包丁でもいけそうなので
アウトドアの刺身包丁として活用しようと思います


まぁ元が1000円ならいくらいい包丁でもおしくないので

存分に外で使っちゃいます!


だけど正当な目的があれば大丈夫だけど

使うときはまな板と釣り道具とセットで車につまないと
銃刀法の疑いになりそうなので注意します・・・


あとは錆びにくい安くてよく切れる出刃包丁を探せば完璧だ!






読み終えた方は

ランキングクリックを二つ押してください




 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ←Clickお願いします


 ←Clickお願いします


2 件のコメント:

Deguchi Kaz さんのコメント...

私も古い源正金銘入りの包丁を愛用中です。この包丁との出会いは誠に奇異なもので、30年ほど前に私はある私立高等専門学校の教師を務めていたおりその学校の宿直室の厨房のゴミ箱に刃が大きく欠けた状態で打ち捨てられていた物を発見したのが始まりです。もともと三徳包丁の形でしたが 刃こぼれを調整しダメ元で 丁寧に研磨し研ぎ仕上げてみたところ牛刀に近い形となってしまいました。それでも使ってみてその切れ味にびっくり!他の4-5千円で新品購入した数種の包丁など比べものになりません。以来30年以上、愛用の万能包丁として我が家の台所に今も現役で活躍し とても重宝しております。

_ ryo さんのコメント...

こんにちは(^_^)

実は私も所有している正金の包丁は一本は捨てられる運命でした。ある厨房の方から古いペティを全部整理するから、いるのがあればあげるし、いらなければ捨ててくれといただきました。

数本あるペティはほとんど普通のペティでした。でも一本だけ異常に重たいペティがあって、それだけは捨てずに研ぎ直しました。重たいということは打って鍛えて密度が高くなっているペティだと考えたのです。

研ぎ直すと思った通り恐ろしく切れるペティになりました。これが最初の正金のペティでした。

同じような経緯に驚きました。コメントありがとうございます。

ちなみにこれ以降包丁を集め始めました。いまはZDPや白紙一号本焼、青紙二号本焼と数々の包丁を所有することになりました。それでも正金の包丁はよく切れるコレクションの一つです。